ハウジングトラストの所沢不動産ブログ

所沢の不動産(売買・賃貸)情報を毎日更新中!所沢の不動産はお任せ下さい!

ブログ一覧

物件購入の諸費用について徹底解説

マイホーム購入講座 第3回

こんにちは。ハウジングトラストの名村です。

今回はマイホーム購入講座の第3回

『物件諸費用について徹底解説』というテーマでお話します。

車を購入するときでも、諸費用がかかる事は良く知られていますが、

不動産を購入する際にも、同じように様々な諸費用がかかります。

不動産購入時の諸費用について詳しく知っておくと、

不動産会社から余計な費用を請求されたり、

損をしてしまう心配が無くなります。

マイホームを賢く購入する為にも、不動産購入時の諸費用について

是非ここで学んでください。

それでは、不動産購入時の諸費用について順にご説明していきます。

1)登記費用

不動産を購入した際に、土地・建物が誰の名義であるかわかるように、

法務局で登記という手続きを行う必要があります。

不動産の登記には、登録免許税という税金がかかり、

また登記を行う司法書士に報酬を支払います。

これらの費用をまとめて登記費用と呼びます。

登記費用は物件の評価額によって金額が変わります。

通常の新築一戸建てでしたら、およそ30〜40万円位になります。

2)表示登記費用

新築の建物を購入する際には、

表示登記という登記が必要となります。

新築の建物は、まだ登記簿が作られていません。

登記を行うために、登記簿の表題部を作る登記を

表示登記といいます。

建物についての出生届のようなイメージです。

表示登記の費用はおよそ、9万円位です。

3)固定資産税・都市計画税の清算金

不動産を所有すると、固定資産税・都市計画税という税金が毎年課税されます。

不動産売買の際は、固定資産税・都市計画税の年額を

物件の引渡し日をもって日割計算し清算を行う事になっています。

固定資産税の日割は、1月1日を起算日として、

物件の引渡し日の前日までが売主、引渡し日以降12月31日までが

買主の負担で計算します。

固定資産税は1月1日の時点で所有している方(売主)に

その年の1年分が課税されることになります。

よって、その年の税金は売主が納税し、日割額を買主が売主に支払い清算するのです。

4)火災保険料

不動産を購入した場合、通常火災保険に加入します。

火災保険には、単純な火災の被害だけでなく、風災や雪災などの

様々な災害に対して補償がおりる総合保険という商品が一般的です。

火災保険には、地震保険を付帯する事で、

地震によって発生した火災や損害についても補償が受けられます。

通常の一戸建てで20年加入の場合で、約35万円程度です。

マンションの場合は、鉄筋コンクリート造なので保険料が安く、

20年加入で10万円程度です。

5)印紙代

不動産を購入する場合、不動産売買契約書を作成します。

その際に、収入印紙を1万円分貼付します。(物件の価格により印紙代は異なる)

また、住宅ローンを借入する場合は、銀行との間で金銭消費貸借契約を

締結します。

その契約書に、2万円の印紙代を貼付します。(借入する金額により印紙代は異なる)

6)仲介手数料

不動産を購入したり、売却したりする際に、仲介の不動産業者に支払う報酬が仲介手数料です。

仲介手数料は、取引する物件の価格の3%+6万円+消費税という計算式で上限が決められています。

例えば、3,000万円の物件を購入した場合の

正規の仲介手数料は、1,036,800円にもなります。

ただし、仲介手数料というのは上限が定められているだけであって、

不動産会社がその範囲内で自由に定めて良いとになっています。

当社(ハウジングトラスト)では、仲介手数料の割引サービスを行っており、

新築物件は、ほとんどの物件が仲介手数料無料です。

また、中古戸建やマンション、土地なども仲介手数料半額または無料で取扱しています。


7)ローン事務手数料

住宅ローンを銀行より借入する場合に、

銀行に支払う事務手数料です。

通常、32,400円です。

8)ローン保証料

住宅ローンを銀行より借入する場合に、

現在は連帯保証人という制度を利用していません。

連帯保証人を立てない代わりに、

保証会社というものを利用します。

保証会社に住宅ローンを借入する際の保証をしてもらうのに

必要な費用が住宅ローン保証料です。

35年返済の場合、100万円あたり20,614円という保証料が必要で、

例えば3,000万円のローンをした場合は、618,420円となります。

9)ローン代行手数料

当社では、住宅ローンをご利用されるお客様が

ローンの手続きをスムーズに安全に行えるように

住宅ローンの代行手続きを行っております。

主に、住宅ローンを借入する銀行の選定や、

住宅ローン申込み書類の作成サポート、

必要書類の取得や提出手続きの代行、

住宅ローン契約の立会いなどをサポートしております。

住宅ローン手続きを代行させて頂く場合には、

事務手数料として54,000円を頂いています。

10)団信保険料

住宅ローンを借入する際に、

団体信用生命保険に加入します。

団体信用生命保険は、住宅ローン返済中に万一亡くなってしまったり、

高度障害になってしまった場合に保険がおり、

住宅ローンが完済される仕組みの保険です。

銀行から住宅ローンを借入する場合は、

団信への加入が義務となっており、

保険料は銀行負担となっているので無料です。

(3大疾病特約などの補償を追加する場合は有料)

フラット35を利用する場合は、

団信保険料は自己負担となります。

フラット35の団信保険料はこちらのサイトでシュミレーションが可能です。

フラット35団信保険料シュミレーション

11)適合証明書発行手数料

フラット35を利用する場合には、

フラット35の基準に達している事を証明する、

適合証明書を取得します。

新築物件の場合、あらかじめ売主の業者が適合証明書を取得

している場合もありますが、取得して無い場合は買主の負担で

適合証明書を取得します。

適合証明書の取得費用は通常、54,000円ほどになります。

以上が、不動産を購入する際に必要な諸費用となります。

諸費用の総額は物件価格の9%位が目安となりますので、

例えば、3,000万円の物件を購入した場合、

通常の諸費用は約270万円ですが、

当社であれば仲介手数料無料サービスを

利用されると、仲介手数料の3%+6万円+消費税の

約100万円分が安くなりますので、

諸費用は約170万円となります。

【諸費用と住宅ローンのシュミレーション】

それでは、仮に3,000万円の新築一戸建てを購入し、

諸費用の分を自己資金で用意し、

3,000万円の住宅ローンを都市銀行で借入した場合の諸費用と

毎月の住宅ローンの支払額をシュミレーションしてみます。

≪諸費用の内訳明細≫

・登記費用 約35万円

・表示登記費用 9万円

・銀行事務手数料 3万2400円

・銀行保証料 61万8420円

・ローン契約印紙代 2万200円

・売買契約書印紙代 1万円

・火災保険料(20年分)35万円

仲介手数料 当社の場合無料

・ローン代行手数料 5万4000円

・固定資産税清算金 約10万円・・・(引渡し日により変動します)

合計 約162万円  となります。

≪住宅ローンの返済額≫

上記諸費用の約162万円を自己資金で用意し、

物件価格の3,000万円を都市銀行の住宅ローンで、

35年返済、変動金利(0.775%)で借入した場合の返済額は、

月々 81,576円 (ボーナス返済無し) となります。


※ローンの金利については、勤務先の状況や自己資金の額によって若干変動します。

最後に、物件によっては、購入後半年〜1年後に

不動産取得税が課税される場合があるのでご注意ください。

通常の新築一戸建を購入する場合、

税金の控除によりほとんどのケースで、

不動産取得税はかかりません。

築年数が20年以上の一戸建てや、

築年数が25年以上のマンションを購入したり、

土地や事業用の物件を購入する場合には

不動産取得税がかかる事がありますので注意しましょう。

不動産購入時の諸費用は、大変高額になりますが、

仲介手数料を節約するだけで、かなりの金額を節約する事ができます。

気に入った物件が見つかったら、

ぜひ不動産会社に諸費用の見積りを作成してもらいましょう。

当社では10分ほどのお時間で、物件購入時のお支払額や諸費用のシュミレーションを

お出しできますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

株式会社ハウジングトラスト

TEL 04−2939−4877

更新日時 : 2015年02月21日 | この記事へのリンク : 

あなたは戸建派?それともマンション派?それぞれのメリット・デメリット教えます!

マイホーム購入講座 第2回

こんにちは。ハウジングトラストの名村です。

マイホーム購入希望者にお得な情報をお伝えしていくマイホーム購入講座の第2回。

今回は、

『あなたは戸建派?それともマンション派?それぞれのメリット・デメリット教えます!』

というテーマでお話します。

マイホームを探しているお客様から、

『戸建とマンションでは、どちらを購入するのが良いと思いますか?』

とよく質問を受けます。

まず結論から言いますと、

『どちらを購入した方が良いかは、お客様の求める生活スタイルにより変わります』 とお答えします。

まず、マンションを購入した方が良いなと思う方というのは、

通勤や周辺の買物環境等、住宅に対して利便性を重視する人です。

マンションは比較的、駅に近く利便性の良い立地にありますので、

利便性を求める方にはもってこいです。

どうしても駅が近い立地が良いという方はマンション向きだと思います。

また、防犯面などのセキュリティー高さや、

駅まで明るい経路で通勤できるなどの安全性を重視する人にも

マンションが向いていると思います。

それに対して、戸建を購入した方が良いと思う方は、

収納スペースや部屋数など空間の広さを求める方です。

戸建はマンションに比べ収納力や部屋数の多さに

優れています。(中には狭小の戸建もありますが)

そして、庭があり駐車場代も無料。

子供が家の中で多少飛び跳ねても、

音を気にする必要はありません。

こういった事から、戸建はのびのびと子供を育てるのに向いていて

子育てファミリー向きとも言えると思います。

マンション・戸建には、それぞれにメリット・デメリットがありますので、

トータルで考え、ご家族でよく話し合い、

どちらを購入した方が良いか判断して下さい。

それでは、マンションを購入した場合のメリット・デメリットを説明します。

◆ マンション ◆を購入した場合のメリット

・駅の近くや、利便性に優れている場所に立地している

・オートロック等で、防犯性に優れている

・鉄筋コンクリート造で耐久性や耐震性に優れている

・高層階は眺望が良い

◆ マンション ◆を購入した場合のデメリット

・駐車場代がかかる

・管理費・修繕積立金がかかる

・上下左右の部屋に対して騒音に気を使う

・管理組合に参加しなければならない

・ 部屋数や収納スペースが戸建より少ない

◆ 戸建 ◆を購入した場合のメリット

・自由に増築や建替えが可能

・収納スペースや部屋数が多い

・駐車場代や管理費・修繕積立金が無い

・建物がどんなに古くなっても、土地値以下には価値が下がらない。

・騒音に対してマンションほど神経質にならなくて良い

◆ 戸建 ◆を購入した場合のデメリット

・駅までの距離がマンションより離れてしまう傾向にある

・木造なので火災保険料がマンションより高い

・将来の維持・管理は全て自己負担で自己責任


・空き巣などの防犯面に注意が必要

・陽当たりの確保がマンションより難しい

マンション・戸建のメリットとデメリットを見て頂きましたが、

いかがでしたか?

それぞれのメリット・デメリットを比較して家族のライフスタイルに当てはめれば、

マンション派か戸建派かはっきりすると思います。

しかし、これも将来的には家族の状況や生活環境の変化によって

変わってくる事もあります。

不動産は将来的に買換えをすることもできますので、

現在や将来のライフスタイルも考えながら,

最適な住宅を探してみてください。

所沢周辺エリアの住まい探しなら

ご協力できますので、お気軽にご相談下さい。

株式会社ハウジングトラスト

TEL 04−2939−4877

売買ホームページ http://www.housingtrust.jp

更新日時 : 2015年02月09日 | この記事へのリンク : 

家は今が買い時?住宅を今買った方がお得な理由!

マイホーム購入講座 第1回目

こんにちは。ハウジングトラストの名村です。

これからマイホームが欲しいなと思っている方へ、

マイホーム取得の為に必要な基礎知識や、

知っておくとお得な情報などをお届けする『マイホーム購入講座』を開催します。

不動産業界歴14年以上の不動産業のプロが、

自身の経験や業界の裏話も含めわかりやすく解説していきますので、ぜひお読みください!

マイホーム購入講座の第1回目は、

「家は今が買い時?住宅を今買った方がお得な理由」についてお話します。

この仕事をしていると、お客様からよく言われる質問があります。

『住宅って、いつが買い時だと思いますか?』と。

まず結論から言いますと、

『住宅の買い時は、あなたが家を欲しいなと思った時』です。

そうです、今が買い時なんです。

現在、今までにないくらい住宅ローンの金利が安くなっています。

都市銀行は、各行が金利の優遇を競い合い、

金利優遇は最大で-1.8%という商品もあり、

変動金利で0.675%〜借入が可能となります。

国の融資であるフラット35についても、

過去最低の金利を更新したりしており、

フラット35Sの優遇幅も拡大されています。

フラット35Sの金利の例では、

35年固定で0.94%(当初10年)、以後1.54% (2015年4月現在)

(フラット35S Aタイプ、融資手数料1.65%、売買価格の9割以内融資の場合)

という金利になっています。

住宅ローンを借りると、住宅ローン減税により、

所得税から売買代金の1%分の還付が受けられるので

住宅ローンを借りてるのに、支払った利息より還付金の方が多くなる

というお得な状態になることもあるのです!

そして、住宅購入の際に必要な諸費用というものがありますが、

現在では、そちらも銀行で借入する事が可能です。

つまり、頭金をほとんど出さなくても住宅が買えるという状況なのです。

お客様からよく、

『頭金をもっと貯めてから購入した方が良いですかね? 』

というご質問を頂くことがありますが、

『頭金を貯める期間中に支払う家賃が勿体ないですよ』と説明しています。

仮に100万円の頭金を貯めるのに1年かかるとします。

家賃8万円の家に住んでいれば、1年で96万円の家賃を支払います。

もし、先に住宅ローンを借入れて購入していれば、

この96万円の家賃は支払う必要がなかったし、

住宅ローンの残債も1年分減っています。

今の低金利の住宅ローンであれば、家賃並みの返済で借入できますので、

100万円を貯める事ができるのであれば、

そのお金をローンの繰上げ返済に利用すれば良いのです。

住宅ローンは長期にわたるローンです。

早く始めるほど返済も早く終わりますので、

いずれ購入するのであれば、買おうと思った時、つまり今が買い時なのです。

また、住宅ローンには団体信用生命保険という保険がセットになっています。

これは、ローン期間中に万一亡くなってしまった場合、ローンが保険金で完済される

という保険です。

自分に万一の事があっても家族へ住む家を残せるという保険です。

団体信用生命保険に加入するには健康状態が良好であることが求められます。

人はいつ、どこで病気をしてしまうかわかりません。

団信に加入できる健康な状態の今が買い時だと思います。

まだまだ住宅を購入した方がいい理由は沢山ありますが、

それはこのマイホーム購入講座の中で説明していきたいと思います。

そろそろマイホームが欲しいと思われている方は、

今が買い時ですので、まずは信頼できる不動産会社を見つけ、

住宅ローンの事や物件の事など相談してみる事が

マイホーム購入の第1歩となります。

所沢や周辺エリアであれば、私もお力になれると思いますので、

ぜひお気軽にご相談下さいませ!

株式会社ハウジングトラスト

TEL 04-2939-4877

埼玉県所沢市東町23-1

売買ページ http://www.housingtrust.jp

マイホーム購入講座 目次へ戻る

更新日時 : 2015年02月08日 | この記事へのリンク : 




ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2019年01月        >>
    12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031   
ブログカテゴリー ※最新情報をブログでチェックできます。

最近見た物件 (0)