ハウジングトラストの所沢不動産ブログ

所沢の不動産(売買・賃貸)情報を毎日更新中!所沢の不動産はお任せ下さい!

ブログ一覧

物件契約から引渡しまでの流れ

マイホーム購入講座 第9回

こんにちは。ハウジングトラストの名村です。

今回はマイホーム購入講座の第9回

『物件契約から引渡しまでの流れ』というテーマでお話します。

気に入った物件が見つかり、

売買契約を無事に締結した後は、

物件の引き渡しまでに様々な手続きを行うことになります。

今回は、物件契約から引き渡しまでの手続きの流れを簡単にご説明します。

1)住宅ローンの申込み

不動産の売買契約を締結したら、

まずは銀行に住宅ローンの正式申込みを行います。

当社では、住宅ローン手続きのサポートも行っております。

住宅ローンの申込みには、

住民票や印鑑証明書、課税証明書等の書類の他、

登記簿謄本や公図・測量図など物件に関する資料も必要になります。

必要書類のご案内は随時行っております。

2)住宅ローンの内定・表示登記手続き

正式申込みから約1週間ほどで住宅ローンの正式内定がおります。

住宅ローンの正式内定がおりたら、

新築住宅の場合は、建物の表示登記という手続きを行います。

表示登記には、住民票・委任状・賃貸契約書の写し等(場合によって印鑑証明書)が

必要となります。

これらの書類は仲介業者を通して売主に渡します。

3)住宅ローンの契約

銀行との間で、金銭消費貸借契約(金消契約)を締結します。

この時に、住民票、印鑑証明書、実印、通帳、通帳印、収入印紙、運転免許証が

必要になります。

可能であればこの時までに、新しく購入する物件の住所に

住所変更を終わらせてしまい、新しい住所の住民票と印鑑証明書で

ローンの金消契約を締結することをおすすめしています。

(住所変更の方法は、お客様に直接お知らせしております)

4)立会い

新築物件の場合、引渡し前に現地にてキズや汚れ等がないかの

最終確認を行います。

もし補修箇所があれば、売主が引き渡しまでに補修します。

また、隣地との境界の確認や設備利用についての説明を受けます。

5)残金決済・引渡し

住宅ローンを借入する銀行に、

売主・買主・仲介業者・司法書士の4者で集まり、

残代金の決済と物件の引渡しを行います。

残金決済では、通帳にあらかじめ必要な資金を入金しておき、

住宅ローンで入金された金額と合算した後、それぞれ振込や現金等で

残金の精算を行います。

火災保険もこの時までに加入手続きを行います。

残金決済当日の持ち物は、

通帳・通帳の届出印・実印・運転免許証等になります。

残代金の支払いが完了したら、

売主より鍵の引渡しを受けて引渡しが完了します。

司法書士は、すぐに法務局へ登記を行い

無事に名義変更が完了します。

引渡しが完了したら、いよいよ新居にお引越しです。

以上が契約から引渡しまでのおおよその流れになります。

建物がすぐに引渡しできる状態の場合、

およそ1ヶ月の期間でこれらの手続きを行っていきます。

ローンの契約や引渡し手続きは、銀行の開いている

平日に手続きを行う必要が有る為、

仕事のお休みを取って頂くなどの必要があります。

お手続きの中でご不明な点がありましたら

いつでもお気軽にお問い合わせください。

株式会社ハウジングトラスト

TEL 04−2939−4877

更新日時 : 2015年03月12日 | この記事へのリンク : 

<<プレシス所沢くすのき台の購入・売却・査定をご検討中の方へ     |  ブログ トップへ  |  インスタグラム>>   



ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2019年01月        >>
    12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031   
ブログカテゴリー ※最新情報をブログでチェックできます。

最近見た物件 (0)