ハウジングトラストの所沢不動産ブログ

所沢の不動産(売買・賃貸)情報を毎日更新中!所沢の不動産はお任せ下さい!

ブログ一覧

【不動産売却】不動産を高く売る為の販売用図面の作り方

不動産を高く売る販売用図面の作り方

不動産を高く売る為の販売図面の作り方



今回はこのテーマでお話したいと思います。



不動産を高く売る為には、

レインズに即座に物件情報を登録し、

他の不動産会社にも情報を流通させ、

顧客に紹介してもらうことが大事だと前回お伝えしました。



今回は、レインズに登録する販売用図面についてお話します。



まずはこちらの販売用図面をご覧ください。


不動産を高く売る為の販売図面の作り方


こちらの販売図面は、当社が売却依頼をうけた物件の販売用図面です。

(成約済みの物件の為、一部加工しております)



物件の写真や、セールスポイント、物件概要、地図など

この販売用図面を見れば、一目で物件の良さが伝わるように

丁寧に作成しております。





不動産を顧客に紹介する営業マンは、


レインズに登録されている販売用図面を見て、紹介する物件を選びます。




この時に販売用図面で物件の魅力がうまく伝わらなかった場合、

顧客に対して物件を紹介してもらえる事もなくなってしまいます。




そして、広告掲載する物件にも選ばれなくなり、

結果、成約の可能性は低くなります。





販売用図面は、物件が売却できるかどうかの重要な役割を持っています。




その事をわかっていない不動産会社、営業担当者がまだまだ多いです。




不動産を高く売る販売用図面の作成ポイント

物件の写真は綺麗に撮り、なるべく写真を多く入れるようにします。





良く晴れた天気の良い日に、



物件に一番陽が当たる時間を狙って写真を撮ります。






室内の写真も撮影できる場合は、なるべく多く販売用図面に入れ、




画像にキャプションを入れてアピールをします。





物件のキャッチコピーは大きく、わかりやすく記載します。







物件の持つ魅力を最大限にアピールするように、


(駅徒歩〇分、駐車場〇台可、築浅、角地、住環境良好・・・等)



キャッチコピーを考え、掲載するようにします。





できる限り多くのアピールポイントを見つけて、




もれなくアピールを行います。




物件の所在地、地図、概要は正確に記載し、



一目で物件の場所を
確認できるようにします。







物件の住所や地図を記載しない不動産業者がありますが、


物件を紹介してもらう気がないのではと思います。



物件の詳細の住所と地図、概要は必ず記載します。







間取り図を色付けして綺麗に作成する




建物の間取り図はお客様が最も知りたい情報のひとつです。




できるだけ綺麗に間取り図を作成します。




また、水回りを水色で塗るなど、



色分けをすると見やすい間取り図になります。


スーパー、コンビニ、学校等までの距離を記載する。




日常生活で利用する、コンビニやスーパーなどの買物施設までの距離や




小学校・中学校までの距離などを記載し、



購入後の生活をイメージしてもらいやすくします。





広告掲載可能な事を販売用図面に明記する










他の不動産会社に積極的に広告活動を行ってもらうために、



広告掲載可と販売用図面に記載します。






販売用図面によって、その物件の売行きは大きく変わります。




実際、大手不動産会社で1年以上販売しても全く売れなかった物件を



当社がお預かりして高く売れる販売用図面を作成した結果、



売主様の希望販売価格で3ケ月以内に成約できました。



当社に不動産の売却をご依頼頂いた場合、


不動産を高く売る為の販売用図面を作成し、


即時にレインズ登録を行い、高額・早期売却に向けて


販売活動を行わせて頂きます。



お読みいただきありがとうございました。








更新日時 : 2020年01月07日 | この記事へのリンク : 

<<【不動産売却】高く不動産を売却するための不動産会社の選び方     |  ブログ トップへ  |  【不動産売却】不動産を高く売る為の物件写真の撮り方>>   



ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2020年10月        >>
        123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ブログカテゴリー ※最新情報をブログでチェックできます。

最近見た物件 (0)