ハウジングトラストの所沢不動産ブログ

所沢の不動産(売買・賃貸)情報を毎日更新中!所沢の不動産はお任せ下さい!

ブログ一覧

【不動産売却】不動産を高く売る為の物件写真の撮り方

高く不動産を売る為の不動産写真の撮り方

不動産を高く売る為の物件写真の撮り方



本日はこのテーマでお話します。



不動産を高く売る為には、


物件の魅力を余すことなく伝える魅力的な販売用図面を作成し、


販売用図面をレインズに登録することが大切と前回お話しました。




販売用図面には物件の外観写真や室内写真など


多数掲載する事を推奨しましたが、


よりお客様に物件の魅力が伝わるように



物件写真の撮影で私が意識していることをお伝えします。




ホームページやポータルサイトに物件写真を登録する際も



物件写真の撮り方次第でお客様からの反応が大きく変わります。






物件は広角レンズを使用した一眼レフカメラで撮影する



物件写真を撮影する際は、広角レンズを使用します。


一般的なデジタルカメラですと、かなり距離を離れて撮影しない限り


建物全体が写真の中に収まりません。



特に室内の写真を撮るときに通常のレンズと広角レンズでは


撮影できる範囲に大きく差が開きます。



一眼レフタイプのカメラの場合、


超広角のレンズが使用できたり、明るさの調整が容易にでき、


想像以上に良い映りの物件写真が撮影できます。




【広角レンズの撮影例】
広角レンズの撮影例





天気の良い日に物件に一番陽が当たる時間帯に撮影する



建物の外観を撮影する際は、


天気の良い日に、物件に良く陽が当たる時間を狙って撮影します。



背景が青空の物件写真はとても見栄え良く映ります。


更に、物件に良く陽が入る時間帯を狙って撮影します。




仕方なく天気の悪い日に撮影してしまった場合、


後日、天気の良い日に再撮影し、写真を差し替えます。




物件写真が与えるイメージはとても重要です。


曇った日に撮影した写真では、


どこか薄暗くどんよりとした印象になり、


お客様からのお問い合わせは期待できません。



【曇った日に撮影した例】




【良く晴れた日に撮影した例】





外観・室内をくまなく撮影する





物件の室内写真は、建物の状態を判断する際に大きく役立ちます。



住宅の購入を検討しているお客様にとって、


室内の状態がどういった状態かはとても関心のある内容です。




リビングやキッチン、洗面所、お風呂、トイレ、


居室、収納、バルコニーなど撮影できる限り撮影し


販売用図面やホームページなどで掲載しアピールします。





室内写真を撮影するときは、なるべく照明を付けて室内を明るくし、


カメラの露光を上げて明るく撮影するようにします。




建物の外観写真を撮影する際には、


撮影する方角を変えたり、


前面の道路付けなどを撮影し周囲の状況もわかるようにします。




物件写真の撮影の仕方でお客様からの反応は大きく変わります。


不動産を高く売却する為に少しでも見栄え良く物件写真を撮影し


お問い合わせを得られるようにします。


当社に売却をお任せ頂いた場合、


物件写真には特にこだわって撮影し、


物件の魅力を最大限アピールさせて頂きます。





お読み頂きありがとうございました。






















更新日時 : 2020年01月08日 | この記事へのリンク : 

<<【不動産売却】不動産を高く売る為の販売用図面の作り方     |  ブログ トップへ  |  【不動産売却】不動産の売却にかかる費用はどれくらいか?>>   



ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2020年10月        >>
        123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ブログカテゴリー ※最新情報をブログでチェックできます。

最近見た物件 (0)